m3.com トップ > 臨床ニュース > 医学生へ、放射線や被曝の教材

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

医学生へ、放射線や被曝の教材 放医研が作成、医学教育モデル・コア・カリキュラムに準拠

放射線医学総合研究所は4月6日、医学生向けの「医学教育における被ばく医療関係の教育・学習のための参考資料」を作成、発表。医大卒業までに修得すべき知識や技能などの目標を示した「医学教育モデル・コア・カリキュラム」の学習項目に沿ってまとめた。この資料では、放射線の物理的な基礎知識、放射線の人体影響、医学利用、リスクと防護、被曝医療といった広い範囲の項目を取り扱っている。付録として、チュートリアル教育のための課題例や用語集も掲載。放医研は今後、必要に応じて改訂を行い、主要部分を英訳して海外へも普及させ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞