m3.com トップ > 臨床ニュース > 「女医育成、日本は20年遅れ」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「女医育成、日本は20年遅れ」 110学会を対象とした女医支援アンケートの結果公表

2012年5月17日 日本外科学会  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患その他

日本外科学会の女性外科医支援委員会は5月16日、日本医学会分科会110学会を対象に女性医師支援の現状に関するアンケート結果を報告。学会の意思決定に女性医師の意見が反映されにくい現状が浮き彫りとなった。2008年の第1回目調査に続き、今回の調査は第2回目。調査によると、日本医学会分科会の女性医師会員数の割合は16.4%で増加傾向にあった。一方、女性の評議員や役員は増えていない。さらに、3学会に女性評議員がおらず、女性役員がいない学会は12学会に上る。いずれも外科系の学会だった。また、委員会は、女性...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞