m3.com トップ > 臨床ニュース > 学説覆る「幻肢痛は早期に治療」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

学説覆る「幻肢痛は早期に治療」 末梢感覚神経の切断後、1週間以内に神経回路はつなぎ換えられる

東京女子医科大学医学部生理学(第一)分野の宮田麻理子氏らは、末梢感覚神経の切断後、1週間以内に神経回路がつなぎ換えられることを突き止めた。従来、神経回路のつなぎ換えには数年を要すると見られており、学説を覆す発見となる。幻肢痛といった感覚神経障害での治療やリハビリの考え方を大きく変えることになりそうだ。感覚神経が損傷を受けた時にどんな変化が起きるか。近年、神経細胞の樹状突起上に無数に存在する小さい棘突起(スパイン)では、損傷後早期に細胞の変化が起こると報告されていた。今回は、さらに大きな構造である...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞