m3.com トップ > 臨床ニュース > 甲状腺クリーゼ診断基準を改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

甲状腺クリーゼ診断基準を改訂 全国疫学調査の結果を踏まえ、黄疸の診断基準値を追加

日本内分泌学会は5月22日、「甲状腺クリーゼの診断基準」を第2版に改訂し、ホームページ上で公開した。学会は2008年に初めて診断基準を発表。その後、検討委員会の赤水尚史委員長らが全国疫学調査を実施し、その結果を踏まえて改訂した。今回、黄疸の判断基準値を「血中総ビリルビン値3mg/dL超」と設定した。黄疸は、嘔気や嘔吐、下痢とともに、診断基準の必須項目「消化器症状」の一つとして挙げられている。甲状腺クリーゼは、甲状腺ホルモンの過剰な作用に体が対応できなくなり、複数臓器が機能不全に陥る重篤な病態。バ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞