m3.com トップ > 臨床ニュース > 神経管が閉鎖する機構を解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

神経管が閉鎖する機構を解明 たんぱく質「Celsr1」が細胞収縮を制御し、神経板を筒状に

理化学研究所は5月25日、脊椎動物の発生過程で、脳や脊椎といった中枢神経系の基になる「神経管」形成の全体像を把握したと発表した。発生・再生科学総合研究センター高次構造形成研究グループの竹市雅俊氏らによる成果。トップクラスの科学専門誌「Cell」誌で報告した。今回、竹市氏らが解明したのは、神経の初期発生の謎の一つである神経管の形成の仕組みだ。初期胚の背側には、頭頂部から最尾部にかけて、神経上皮細胞よりなる「神経板」が帯状に伸びている。ここからいかにして筒状の「神経管」が形成されるのか。神経管を作る...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞