m3.com トップ > 臨床ニュース > 世界初、長期記憶とMg関係解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

世界初、長期記憶とMg関係解明 NMDA受容体のマグネシウム阻害が長期記憶に重要

東京都医学総合研究所の宮下知之氏らは、NMDA型グルタミン酸受容体(NMDA受容体)の情報伝達経路をマグネシウムイオンが阻害する「マグネシウム阻害」が長期記憶の維持に重要であることを、世界で初めて明らかにした。首都大学東京、東京薬科大学との共同研究。論文は6月7日付けで「Neuron」誌に掲載された。NMDA受容体は、脳の神経細胞のシナプスに発現しており、記憶や学習に欠かせないもの。グルタミン酸を受け取ると、細胞内へカルシウムイオンを通過させ、学習記憶に必要な生化学的反応を引き起こす。通常、カル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞