m3.com トップ > 臨床ニュース > 助産所の嘱託医契約書2012年版

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

助産所の嘱託医契約書2012年版 産婦人科医と開業助産師とで結ぶ契約書の雛型を改訂

2012年6月13日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本産婦人科医会の寺尾俊彦会長らは、「助産所嘱託医契約書モデル案」を2012年版に改訂し、6月7日にホームページに掲載した。助産所と医師が協力する際に、どんな点に注意すべきかをまとめたものだ。会員に向け活用を促している。モデル案では、まず助産所の受け持つ範囲や、嘱託医から助産師への指示について記載している。助産所で対応可能な分娩対象者は、(1)妊娠が正常に経過し、継続管理しているケース、(2)経腟分娩が可能と判断されているケース、(3)妊娠中に複数回、医師の診察を受けているケース、(4)助産師が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞