m3.com トップ > 臨床ニュース > 発熱性好中球減少の指針で質疑

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

発熱性好中球減少の指針で質疑 ガイドライン案に寄せられた意見に学会が回答

2012年7月25日 日本臨床腫瘍学会  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

日本臨床腫瘍学会は7月24日、「発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン」案に寄せられたパブリックコメントに対して、ガイドライン部会からの回答をまとめた資料をホームページで公開した。意見は4月27日から5月21日まで受け付けていた。資料では、ガイドライン全体にかかわる意見や、27個あるクリニカルクエスチョンそれぞれについて寄せられた意見に対し、部会が逐一回答している。その中の一つとして、「従来、『腫瘍熱や薬剤熱などの非感染熱を可能な限り除外する』といった文言があったが、今回はない。感染症が原因...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞