m3.com トップ > 臨床ニュース > 熱中症、脱水に「飲む点滴」【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

熱中症、脱水に「飲む点滴」【臨床道場】 術前の絶飲食に新たな指針、経口補水療法の有効活用を

2012年8月14日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

体液管理への経口補水療法の活用を広める神奈川県立保健福祉大学の谷口英喜氏が登場。夏の熱中症のみならず、冬の脱水への対応、周術期の体液管理にも有用と語る。知らなければ損をする、経口補水療法の活用法について聞いた。(聞き手・まとめ:山田留奈、m3.com編集部)谷口英喜(たにぐち・ひでき)氏神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授1991年に福島県立医科大学医学部を卒業。神奈川県立がんセンター麻酔科の非常勤医師も兼任。専門分野は経口補水療法、周術期体液・栄養管理、臨床栄養。著書に『すぐに役立つ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞