m3.com トップ > 臨床ニュース > ポリオ不活化、接種記録に注意

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ポリオ不活化、接種記録に注意 11月から百日咳、ジフテリア、破傷風、ポリオの4種混合ワクチンを導入予定

厚生労働省は、急性灰白髄炎(ポリオ)の定期予防接種が生ワクチンから不活化ワクチンに9月1日より変更となるのに伴い、従来の母子健康手帳に記載していく場合の注意点をまとめて通知した(8月2日付け)。生ワクチンは2回接種であるため、現行の母子手帳のポリオ予防接種記録欄は2段しか用意されていない。9月1日以降は、ここに不活化ワクチン4回分の記録を詰めて書き込むか、3-4回接種分の記録を「その他の予防接種の記録欄」か「予防接種の記録に関するページの余白」に分けて記載するよう求めている。また、不活化ワクチン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞