m3.com トップ > 臨床ニュース > 「水俣病の幕引き」学会が危機感

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「水俣病の幕引き」学会が危機感 国の救済措置は7月末で終了、日本精神神経学会が見解を発表

日本精神神経学会の武田雅俊理事長と富田三樹生法委員会委員長は、水俣病認定に関する見解を8月10日付けで発表した。水俣病認定申請を巡る高裁判決が出たことに加え、7月末で「水俣病被害者救済法」による未認定患者の救済措置の申請が打ち切られたことを受けたもの。学会は「水俣病事件を幕引きするきっかけにしてはならない」と危機感をあらわにしている。学会は、今春に行われた水俣病認定を巡る2つの高等裁判所の判決を俎上に上げて問題点を指摘。福岡高裁は末端感覚障害のみで水俣病を認定し、大阪高裁では感覚障害のみでは認定...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞