m3.com トップ > 臨床ニュース > 足白癬「まず抗真菌薬」はNG【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

足白癬「まず抗真菌薬」はNG【臨床道場】 足白癬の外用薬は慎重に、爪白癬の内服薬は積極的に

2012年8月28日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患皮膚疾患感染症

皮膚真菌症の専門家、東京女子医科大学病院皮膚科の常深祐一郎氏が登場。水虫治療では落とし穴が多く、1割程度しか治療が成功していないと指摘。視診だけでは約半分を誤診する足白癬に、どう立ち向かうか。診断・治療のコツを説く。(聞き手・まとめ:山田留奈、m3.com編集部)常深祐一郎(つねみ・ゆういちろう)氏東京女子医科大学病院皮膚科講師1999年に東京大学医学部を卒業。東京大学医学部附属病院、国立国際医療センター(現・国立国際医療研究センター)の皮膚科で研修を積む。その後、東大病院皮膚科の医員、助教を経...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞