m3.com トップ > 臨床ニュース > スポーツの秋、外傷注意【米国整形外科学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

スポーツの秋、外傷注意【米国整形外科学会】 2011年は米国で58万のサッカー関係、17万のバレーボール関係の外傷

2012年9月4日 米国学会短信  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患

米国整形外科学会は秋を目前に控え、「STOPスポーツ傷害キャンペーン」と銘打った啓蒙活動を展開している。8月30日、スポーツ外傷の多数発生する実態を伝えて、スポーツを安全に行うよう注意を促した。学会は、消費者製品安全委員会(CPSC)が調べた統計情報を紹介。2011年に米国では58万症例のサッカー関係の外傷が治療されたほか、17万症例のバレーボール関係の治療が実施された。米整形外科学会、米スポーツ整形外科学会はキャンペーンの一環として、スポーツの最中、前後の対応について具体例を挙げて説明している...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞