m3.com トップ > 臨床ニュース > FDG-PETガイドライン改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

FDG-PETガイドライン改訂 日本核医学会が診療報酬改定に対応

2012年9月20日 日本核医学会  カテゴリ: 一般内科疾患その他

日本核医学会は9月、FDGPET・PET/CT診療ガイドラインを更新し、同学会のホームページで公開している。今年4月の診療報酬改定で、FDG-PETを用いた心サルコイドーシスにおける炎症部位の診断と13N標識アンモニアを用いた心血流評価が、新たに健康保険診療として採用されたことに伴う改訂。なお、4月の診療報酬改定では、PET検査を、悪性リンパ腫の治療効果判定のために実施した場合には、「転移・再発の診断の目的に該当する」という厚生労働省の疑義解釈が示されている。【関連リンク】FDGPET・PET/...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞