m3.com トップ > 臨床ニュース > 野村総一郎のうつ病ガイド【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

野村総一郎のうつ病ガイド【臨床道場】 「うつ病は精神科だけの病気ではない」、これからのうつ病診療を語る

2012年9月25日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患神経内科疾患

防衛医科大学校病院長の野村総一郎氏が、うつ病診療をテーマに臨床道場に登場。7月に発表された「日本うつ病学会治療ガイドライン」の作成委員長も務める第一人者だ。「身体疾患を持つ人=うつ病ハイリスク者」。全診療科でうつ病に対応する時代が到来している。(聞き手・まとめ:山田留奈、m3.com編集部)野村総一郎(のむら・そういちろう)氏防衛医科大学校病院長/精神科診療部長1974年に慶應義塾大学医学部を卒業。テキサス大、メイヨー大での米国留学後、1988年に藤田学園保健衛生大学精神科助教授、1993年に立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞