m3.com トップ > 臨床ニュース > 食道癌へティーエスワン、認めて

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

食道癌へティーエスワン、認めて 現在の治療では患者負担が大きいと、一刻も早い承認を求める

2012年9月28日 日本外科学会  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

日本外科学会の國土典宏理事長、瀬戸泰之保険診療委員長は、ティーエスワン(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)の食道癌への保険適用を認めるよう訴えた要望書を、9月7日付けで厚生労働大臣らに提出した。昨年11月に同様の要望書を出しており、今回は再度の依頼となる。食道癌では使用できる治療薬に限りがある。化学療法として5FU持続静注とシスプラチンの併用が汎用されるものの、投与法が難しく、患者に入院や治療時の負担をかけQOLを下げている面がある。現在、ティーエスワンは食道癌に対して適応外使用...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞