m3.com トップ > 臨床ニュース > 前立腺癌検診に「新SNP検査」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

前立腺癌検診に「新SNP検査」 日本人のSNP情報を活用し、PSA検査と組み合わせ精度向上

2012年10月11日 理化学研究所  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患検査に関わる問題

理化学研究所は10月11日、前立腺癌に関連する塩基多型(SNP)16種を利用した新しい前立腺癌リスク診断法を開発し、従来の前立腺癌検診(PSA検査)と組み合わせることで診断精度を向上できると発表した。理研ゲノム医科学研究センターバイオマーカー探索・開発チームの中川英刀氏ら、京都大学、岩手医科大学、東京大学医科学研究所の共同研究グループによる成果。前立腺癌検診としてPSA検査が普及しているが、現状では治療が必要な前立腺癌だけを検出することは難しい。中川氏らは、日本人の前立腺癌に関連する16種のSN...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞