m3.com トップ > 臨床ニュース > リウマチ診療助ける関節エコー【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

リウマチ診療助ける関節エコー【臨床道場】 目で見えない早期関節炎を確認、早く確実に治療へ

2012年10月23日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患

関節リウマチの診断に関節エコーの活用を勧める大野滋氏が臨床道場に登場。「日本のリウマチ診療は発展途上」との考えの下、画像診断の導入を提案する。早期診断、寛解判定の観点から、特に関節エコーの利点が大きいと説く。(聞き手・まとめ:山田留奈、m3.com編集部)大野滋(おおの・しげる)氏横浜市立大学附属市民総合医療センターリウマチ膠原病センター准教授1988年に横浜市立大学医学部を卒業。1992年に米国国立衛生研究所に留学し、1994年に横浜市立大学医学部第一内科大学院を卒業。国立横須賀病院内科、国立...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞