m3.com トップ > 臨床ニュース > 「アスペ懲役20年」看過できぬ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「アスペ懲役20年」看過できぬ 日本精神神経学会がアスペルガーの被告人巡る判決に苦言

2012年10月23日 日本精神神経学会  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患その他

日本精神神経学会の武田雅俊理事長は、大阪地方裁判所がアスペルガー症候群(AS)の被告人に対し、求刑より重い懲役20年を言い渡した7月30日の判決について、「我々にとって看過できない問題点がある」として声明を発表した(9月15日付け)。学会は、精神科医療保健福祉観点から、3点が特に重要と指摘している。(1)「ASは再犯の可能性が高い」と読み取られる点。(2)ASの再犯の恐れに対して、社会的支援の充実ではなく、「許される限りの長期拘禁」に求めた点。(3)障害を理由に予防的拘禁を認めた点。学会は、「本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞