m3.com トップ > 臨床ニュース > 「特定看護師は精神科を破壊」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「特定看護師は精神科を破壊」 日本精神神経学会が特定看護師制度案に強く反対を表明

2012年10月29日 日本精神神経学会  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患その他

日本精神神経学会の武田雅俊理事長は「特定看護師の導入は精神科医療を破壊する」と、特定看護師制度に強く反対する学会見解を10月1日付けで発表した。厚生労働省より「看護師の特定能力の認証に関する医行為分類と教育内容等基準」検討会案に対し、学会としての意見を求められたため、理事会で検討し発表した。厚労省は「研修修了者が包括的指示を受けて特定の医行為を実施できる」という案を提示している。学会は「医療行為において『包括的な指示』は有り得ない」と指摘、誤った医療行為の危険があり、現場における権限と責任が曖昧...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞