m3.com トップ > 臨床ニュース > 「ラップ使うな」熱傷学会が勧告

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「ラップ使うな」熱傷学会が勧告 重篤な感染症の危険あり、特に乳幼児には禁忌

2012年11月8日 日本熱傷学会  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

日本熱傷学会の川上重彦代表理事は11月5日、熱傷に対し食品用ラップなどの非医療材料を用いて湿潤環境下に管理する局所療法(いわゆるラップ療法)は行ってはならないとする勧告を発表した。比較的深度が浅い熱傷に対し、創傷被覆材を用いて湿潤環境下に管理する方法は、一般的な治療法であると学会は認識している。医療材料である創傷被覆材には、常に感染には注意するよう明記されている一方、ラップなどの非医療材料にはそのような記載はない。学会によると、熱傷治療に精通していない医師がラップ療法を行い、未熟な管理を行った結...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞