m3.com トップ > 臨床ニュース > 「精神科研修を全研修医に」

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「精神科研修を全研修医に」 必修科目に戻すよう、自民党や厚生労働省に要望

2012年11月13日 日本精神科病院協会  カテゴリ: 精神科疾患その他

日本精神科病院協会の山崎学会長は、自由民主党総裁の安倍晋三氏や厚生労働省の原徳壽医政局長らに宛て、全ての研修医が精神科研修を必修科目として受ける制度に戻すよう求めた要望書(11月2日付け)を提出した。かつて臨床研修制度での精神科の位置付けは「必修科目」だったが、現在では「選択必修科目」に変更された。協会は、国の医療計画「5疾病5事業」に精神科疾患が加わり、2013年度から地域医療計画にも含まれることを踏まえ、「精神科は全ての研修医が学ぶべき診療科」と主張している。【関連リンク】臨床研修制度に関す...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞