m3.com トップ > 臨床ニュース > 産婦人科女医8人に1人は非常勤

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産婦人科女医8人に1人は非常勤 常勤医師の半分は妊娠中または小学生以下の育児中

2012年11月16日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本産婦人科医会は11月14日、女性産婦人科医の待遇や就労環境を調査したアンケートの結果報告書をホームページに公開した。医会勤務医部の中井章人氏と関口敦子氏による調査で、女性医師が1.5倍に増加するも、8人に1人は非常勤である実情を解説した。女性常勤医師は1812人で、全常勤医師の4割を占める。5年前と比較すると、男性医師数に変化はなく、女性医師は1.5倍に増加した。女性常勤医師の半分が妊娠中または小学生以下の育児中だった。一方、特定の勤務先を持たない非常勤医師425人の6割が女性だった。すなわ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞