m3.com トップ > 臨床ニュース > FDG PET/MRI診療ガイドライン

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

FDG PET/MRI診療ガイドライン 日本核医学会、日本医学放射線学会、日本磁気共鳴医学会が作成

2012年12月3日 日本核医学会  カテゴリ: 一般内科疾患検査に関わる問題

日本核医学会は11月27日、日本医学放射線学会、日本磁気共鳴医学会の3学会で作成した「FDGPET/MRI診療ガイドライン」をホームページで公開した。FDG(18F-2-デオキシ-2-フルオロ-D-グルコース)を用いたポジトロン断層撮影(PET)は、診断に有用な検査として保険適用の範囲が拡大している。さらに、PETと磁気共鳴画像(MRI)を同時に撮影する新たな画像診断(PET/MRI)も、今年2月に保険適用となった。新たな画像診断法の登場を受けて、3学会は今回の指針をまとめた。てんかん、虚血性心...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞