m3.com トップ > 臨床ニュース > 「胃癌98%を腹腔鏡」実現 【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「胃癌98%を腹腔鏡」実現 【臨床道場】 進行癌、胃全摘、教育に敷居あり

2012年12月5日 臨床道場  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

胃癌手術の98%を腹腔鏡で対応する医師。焦点は進行癌、胃全摘、教育と見る。藤田保健衛生大学教授の宇山一朗氏が登場する。聞き手・まとめ:星良孝(m3.com編集部)宇山一朗(うやま・いちろう)氏藤田保健衛生大学上部消化管外科教授1985年、岐阜大学医学部卒業。慶應義塾大学外科、練馬総合病院外科医長などを経て、97年、藤田保健衛生大学講師。2006年より現職。王貞治氏の執刀医としても知られる。――胃の腹腔鏡手術で今、論議の焦点3つを教えてください。問題となるのは、「進行癌への適用」「胃全摘」「教育」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞