m3.com トップ > 臨床ニュース > 真菌検査で標準化マニュアル案

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

真菌検査で標準化マニュアル案 原案をウェブで公開、パブリックコメント募集中

2012年12月12日 日本医真菌学会  カテゴリ: 感染症検査に関わる問題

日本医真菌学会標準化委員会(委員長:安部茂氏)は12月10日、標準的な真菌検査法をまとめた「真菌検査法マニュアル」の原案をホームページに公開し、パブリックコメントの募集を開始した。マニュアルの目的に据えているのは、「標準的臨床真菌検査法」を示すこと。現段階で利用可能な微生物学的検査を主体として各種の真菌検査法をまとめた。委員会は、「日本の臨床微生物検査の分野では、細菌検査に比べ真菌検査の施設間の差が大きい」と現状を説明。施設により使用培地、培養温度や日数などが異なり、適切な方法で実施されていると...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞