m3.com トップ > 臨床ニュース > アミロイド蓄積、レビーも4割

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アミロイド蓄積、レビーも4割 認知症を伴うレビー小体病のアミロイド蓄積分布を検証

放射線医学総合研究所は12月6日、認知症を伴うレビー小体病(DLB)患者のうち、4割に脳内アミロイド蓄積が見られ、アルツハイマー型認知症(AD)患者の脳と同じ場所に萎縮があることを、世界で初めて確認した試験結果を発表した。認知症を伴うDLBであっても、脳内にアミロイドが蓄積していない患者では、脳萎縮はないか、極めて軽度だった。分子イメージング研究センターの島田斉氏、千葉大学の桑原聡氏らによる成果。研究グループは、認知症を伴うDLB患者15人、AD患者13人、健常者17人を対象に、アミロイドに吸着...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞