m3.com トップ > 臨床ニュース > 女性7.7%強姦経験、1割妊娠

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

女性7.7%強姦経験、1割妊娠 性犯罪被害者への支援に地域格差

2012年12月19日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 小児科疾患産婦人科疾患その他

日本産婦人科医会は12月13日、性犯罪と公的医療支援の現状に関する資料をホームページに掲載した。第60回記者懇談会での講演で使用した資料。内閣府の2011年調査によると、強姦(レイプ)被害経験者は全女性の7.7%に上る。国、自治体、医会、各病院での対応の現状や留意点などがまとめられている。安達知子氏(母子愛育会愛育病院)は、医会が行った性犯罪被害者の公的医療支援の調査結果から、支援事業に地域格差があることを指摘。受診費や緊急避妊、中絶手術への支援は、県により対応が異なっている。例えば、2012年...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞