m3.com トップ > 臨床ニュース > 感染性胃腸炎の感染防止指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

感染性胃腸炎の感染防止指針 実臨床で使えるフローチャートやリストを抜粋した資料

国立国際医療研究センター研究所感染制御研究所の切替照雄氏は12月25日、「ノロウイルスなどの感染性胃腸炎による院内感染対策防止手順資料集」を作成し、センターのホームページに掲載した。感染性胃腸炎や食中毒に対応するため、医療現場で実際に使われているフローチャートや対応リストを集めている。厚生労働科学研究「新型インフルエンザ等の院内感染制御に関する研究」で作成した「院内感染防止手順第3版」中、感染性胃腸炎や食中毒に関わる部分を抜粋したものだ。感染対策の実務担当者の利用を想定している。感染性胃腸炎や食...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞