m3.com トップ > 臨床ニュース > 不明熱の「不明率」を下げるには【臨床道場】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

不明熱の「不明率」を下げるには【臨床道場】 その「原因不明」は本当ですか?

2013年1月8日 臨床道場  カテゴリ: 一般内科疾患感染症救急

2012年に不明熱のガイドブックを上梓した横江正道氏が臨床道場に登場。不明熱の「不明率」は半減させられると言う。真の「原因不明」はわずか。日常診療で陥りやすい罠や、診断のコツ、問題点などを聞いた。(聞き手・まとめ:山田留奈、m3.com編集部)横江正道(よこえ・まさみち)氏名古屋第二赤十字病院総合内科副部長1996年に岐阜大学医学部を卒業、名古屋第二赤十字病院で研修を開始。1998年より同病院の救急部に勤務。その後、名古屋市立大学第二内科や名古屋市立東市民病院第三内科(消化器科)などを経て、20...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞