m3.com トップ > 臨床ニュース > 産後1年で6回健診、実現を

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産後1年で6回健診、実現を 「公費支援の機会増」関連5団体が国に要望

日本産婦人科医会は1月23日、関連5団体で厚生労働省に「母子健診等の公費助成に関する要望」を12月21日付けで提出したことを報告、文書を医会ホームページに掲載した。従来の健診に加え、産後1年間で6回の健診や育児支援を公費で行うよう求めている。5団体とは、日本産婦人科医会、日本小児科医会、日本助産師会、日本看護協会、日本助産学会。産後の母子が心身ともに健康に過ごせるために打ち出した要望はこうだ。「医療機関における産後1年以内の母子健診」と「母子訪問等による育児支援」という2つの施策を年間3回ずつ公...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞