m3.com トップ > 臨床ニュース > 躁うつなど新事故罰則に忠告

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

躁うつなど新事故罰則に忠告 刑事法部会に精神疾患ごとの違い検討求める

日本精神神経学会の武田雅俊理事長は2月4日、法制審議会刑事法(自動車運転に係わる死傷事犯関係)部会で論議が進む「自動車運転による死傷事犯の新罰則」の精神疾患への適用を検討する上では、精神医学専門家のヒアリングを経て疾患ごとの対応の議論を尽くすよう求める要望書を提出した。西田典之部会長に宛てたもの。新罰則は同部会の第5回会で提案されたものだ。部会は危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死傷罪の中間類型「無責任な運転者に対する新規罰則」として検討を進めている。無責任な運転者として、アルコールや薬物の使用...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞