m3.com トップ > 臨床ニュース > 愛媛県、インフル報告全国3位【感染症情報:中国四国】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

愛媛県、インフル報告全国3位【感染症情報:中国四国】 鳥取県ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎が多め

国立感染症研究所は2月18日、感染症発生動向調査週報(IDWR)第5号を発表した。2013年第5週(1月28日-2月3日)の発生報告を2月6日に集計している。14週連続で増加が続いていたインフルエンザが、第5週で減少に転じた。「全国的にはまだ本格的な流行中」と研究所は注意を促している。インフルエンザは14週連続で増加が続き、第4週の定点当たり報告数は36.44に達したが、第5週には減少。第5週の定点当たり報告数は35.82、定点の合計患者数は17万7271人となった。定点以外も含めると全国で約2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞