m3.com トップ > 臨床ニュース > 大震災、手術室「次への備え」は

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

大震災、手術室「次への備え」は 震災2周年を目前に、教訓生かせ

2013年2月19日 日本外科学会  カテゴリ: 一般外科疾患救急その他

日本外科学会は、東日本大震災の発生で手術の現場が受けた影響を調査した報告書をホームページに掲載し、「次への備え」の参考にするよう求めている。地震による建物の破損に加えて、電気や水道、医療機器の供給などの寸断で手術室の運営が困難に陥る点を課題として挙げている。この調査は、東北外科集談会、弘前大学医学部附属病院手術部と東北大学病院手術部が中心となり実施した。東北外科集談会の施設会員、北関東にある外科学会指定・関連施設415施設を対象にアンケートを行った。調査票で回答が得られたのは213施設。うち、震...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞