m3.com トップ > 臨床ニュース > 「経口中絶薬、堕胎罪」の警告

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「経口中絶薬、堕胎罪」の警告 国民生活センターがミフェプリストンの個人輸入で声明

国民生活センターは3月7日、無承認の経口妊娠中絶薬ミフェプリストン(商品名ミフェプレックス、ミフェジン、息隠、保諾)をインターネットなどで個人輸入して使用することのないよう強く訴える声明を発表した。本薬剤を個人の判断で輸入し、使用することで、健康を脅かす危険性と、堕胎罪に問われる恐れがあると説明している。ミフェプリストンは、プロゲステロンの作用を止める薬剤。使用者は子宮収縮作用のある他の医薬品と併用し、最終月経が始まってから49日以内の妊娠初期に服用。妊娠を終了できるとされている。しかし、膣出血...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞