m3.com トップ > 臨床ニュース > 分娩時の災害対策に策定指針

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

分娩時の災害対策に策定指針 災害発生時から3カ月間想定、3本柱で構成

2013年3月18日 日本看護協会  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

日本看護協会は3月13日、「分娩施設における災害発生時の対応マニュアル作成ガイド」を発表した。分娩を取り扱う施設では、災害時の対応マニュアルを前もって作成しておくべきとの考えから、作成時に参考となる指針を示した。協会の調査によると、病院全体の災害対応マニュアルはあるものの、分娩時の対応について個別にマニュアルを策定している施設は少ない。今回の指針は、災害発生時から3カ月間を想定し、「日頃の備え」「被災直後」「中・長期的な支援」の3本柱で構成。協会は、施設の地理的な特徴、機能、役割に応じたマニュア...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞