m3.com トップ > 臨床ニュース > 小児核医学検査ガイドを発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

小児核医学検査ガイドを発表 放射性医薬品の適正量を従来より少なめに設定

日本核医学会小児核医学検査適正施行検討委員会は3月18日、「小児核医学検査適正施行のコンセンサスガイドライン」の第1部として「小児核医学検査の適正投与量」の指針を発表した。コンセンサスという名称の背景には、小児症例の収集が困難で、小児核医学検査に精通した専門家集団における協議に基づく内容となったことがある。このたび欧州核医学会の指針に準じて、小児の放射性医薬品投与量を算出。日本の従来の投与量より少ない量に設定した。委員会は、医療被曝の抑制が国際的な流れとなっている点を指摘。核医学検査に携わる者の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞