m3.com トップ > 臨床ニュース > サリドマイド安全基準改訂

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

サリドマイド安全基準改訂 レナリドミドの適正使用基準も改訂

2013年3月21日 日本血液学会  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

日本血液学会は3月12日、サリドマイド製剤安全管理手順(TERMS)とレナリドミド適正管理手順(RevMate)の改訂を会員に知らせた。厚生労働省の通知文をホームページに掲載している。改訂の1つ目のポイントは、胎児への曝露防止。TERMSもRevMateも、女性患者の定義に「先天的に子宮または両側の卵巣がない」「産婦人科医が卵巣機能の停止を確認」「全身状態の不良などで、処方医が妊娠の機会がないと判断できる」ことを追加。また、妊娠検査法に血液検査も追加した。2つ目のポイントは、患者が薬へ確実にアク...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞