m3.com トップ > 臨床ニュース > アリスキレン併用に効果なし 【米国心臓学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

アリスキレン併用に効果なし 【米国心臓学会】 心不全患者の転帰を改善せず

米国心臓学会(ACC)は3月11日、心不全で入院した患者に対する降圧薬アリスキレンの有効性は認められないという研究結果を紹介した。65歳以上の入院の主原因は心不全であり、米国で年間の医療費は何十億ドルにも上っている。心不全患者に使用できる現在のエビデンスベースの治療を駆使しても、死亡率および再入院率は高く、退院後の転帰の改善が急務である。このような現状を受けて、急性心不全の転帰に関するアリスキレンの試験(ASTRONAUT)を実施した。ASTRONAUTは、心不全による入院患者を対象とした国際的...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞