m3.com トップ > 臨床ニュース > 「うつ」は医学用語ではない

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「うつ」は医学用語ではない 混乱するうつ病関連用語、学会が指針案

2013年3月27日 日本うつ病学会  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患その他

日本うつ病学会用語検討委員会の神庭重信理事長と用語検討委員会の豊嶋良一委員長は3月26日、「うつ病」「うつ」「抑うつ」といったうつ病関連の用語を整理するための指針「日本うつ病学会用語検討委員会多数意見案」を発表した。指針は大きく6つの提案で構成されている。まず「うつ病」および関連用語を使う時は、症状、状態、病名のどの概念レベルの用語として使っているのかを意識することを提案。その上で、「うつ病」は病名レベルでしか使わず、症状や状態レベルでは「抑うつ」を用いる。「うつ」は医学用語としては使わないこと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞