m3.com トップ > 臨床ニュース > NIH予算削減、一部回避 【米国血液学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

NIH予算削減、一部回避 【米国血液学会】 自動削減措置を継続するも例外的な増額

2013年4月4日 米国学会短信  カテゴリ: 血液疾患その他

米国血液学会(ASH)は3月22日、米国連邦議会において予算継続決議案(CR)が3月21日に通過したことを紹介した。現行のCRは3月27日に失効するが、これにより、2013会計年度(FY)の後半にも自動削減措置が継続されることになる。CRの通過により、政府機関の多くはFY2012と同レベルの資金を受け取ることになるが、米国国立衛生研究所(NIH)に対する予算は、研究界からの強い要望を受けて、例外的に増額される。自動削減措置によるNIHに対する予算の削減額は16億ドルに上るが、米国上院歳出委員会お...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞