m3.com トップ > 臨床ニュース > 「ABC検診は根拠不足」学会声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「ABC検診は根拠不足」学会声明 日本消化器がん検診学会が「エビデンス足りない」

日本消化器がん検診学会の深尾彰理事長は4月8日、ヘリコバクター・ピロリによる胃炎に対する除菌療法が保険適用となったことを受け、理事会の声明を発表した。除菌後も継続して胃癌のスクリーニング検査を行うことを勧めるとともに、一般集団に対して従来の検診に代えてABC検診と除菌治療を拡大させていくことに強い懸念を表明している。学会は声明で大きく2つの点を主張している。一つは、除菌後も内視鏡検査やX線検査を継続して行う必要がある点。除菌治療が成功しても、既に慢性萎縮性胃炎や腸上皮化生などの前癌状態にある場合...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞