m3.com トップ > 臨床ニュース > 「不適切なPAD治療」実態調査

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「不適切なPAD治療」実態調査 安易な血管内治療を見直すために事例を募集

2013年4月16日 日本血管外科学会  カテゴリ: 循環器疾患整形外科疾患

末梢動脈疾患(PAD)または閉塞性動脈硬化症(ASO)と呼ばれる疾患の診療環境の是正を求める動きが出ている。日本血管外科学会の宮田哲郎理事長とPADガイドライン作成委員会の大木隆生委員長は4月15日、学会員を対象に「患者本位ではないPAD治療の実態調査」を開始した。「不適切なPAD治療」の実態を明らかにするためだ。背景には、血管外科医が担ってきたPAD治療に、他の診療科が参入するようになったことがある。学会は「TASCIIなどのガイドラインを順守せず、PADの病態や自然歴を無視した安易あるいは無...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞