m3.com トップ > 臨床ニュース > 「妊娠・出産適齢期」国が啓発

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「妊娠・出産適齢期」国が啓発 「いつでも子を持てると思うな」と早期の生涯設計勧める

日本周産期・新生児医学会は4月17日、厚生労働省からの周知依頼を受け、資料「ライフプランを考えてみましょう─妊娠・出産には適した年齢があります─」をホームページに掲載した。「いつでも子どもは持てる」と思わずに、早期からライフプランを考えることを勧める内容となっている。資料では、女性の加齢と共に卵子の質・量が低下し、30歳から妊娠可能性が低下し始め、35歳前後からは流産率の上昇などリスクが高まり、男性でも加齢で精子の状態が低下すると説明。避妊をしていないのに2年以上妊娠に至らない「不妊症」は約10...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞