m3.com トップ > 臨床ニュース > 補聴器、業界団体が一歩前進

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

補聴器、業界団体が一歩前進 一般向けパンフレットを作成

2013年4月25日 国民生活センター  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患その他

国民生活センターは4月17日、補聴器販売の業界団体が、補聴器購入の流れや有資格者によるフィッティングの重要性を啓発するためのパンフレットを作成したと報告し、ホームページで紹介した。このパンフレットは、福祉用具の調査や開発、義肢装具士国家試験を実施する公益財団法人テクノエイド協会が中心になって作成した。センターは2007年に、補聴器が通信販売などでフィッティングなしに購入され、不適切に使用されている実態を問題視し、調査および提言を行っていた。調査した補聴器の中には、出力音が大きすぎて安全性に問題が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞