m3.com トップ > 臨床ニュース > 除菌、「内視鏡で胃炎」半年有効

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

除菌、「内視鏡で胃炎」半年有効 学会がピロリ胃炎除菌の質問に回答

日本消化器病学会H.pylori診断治療委員会は4月26日、「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」(HP胃炎)の除菌治療に関するQ&A集を公開した。質問件数が多かった10項目を取り上げて回答を示している。2月21日に除菌治療が保険適用となったが、診断方法や治療法などが分かりづらく、一部の現場で混乱があったためだ。取り上げた質問は、「感染診断と内視鏡検査の順番」「病名の付け方」「除菌治療の順番」「検診で既にHP感染陽性と判明していた場合の対応」など、具体的な内容となっている。既に内視鏡検査を行っている...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞