m3.com トップ > 臨床ニュース > 産婦人科指針で誤記載発表

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

産婦人科指針で誤記載発表 感染研村山庁舎では風疹の羊水検査できない

2013年5月9日 日本産婦人科医会  カテゴリ: 産婦人科疾患感染症

日本産婦人科医会は5月8日、「産婦人科診療ガイドライン―産科編2011」の「CQ605:妊婦における風疹罹患の診断と対応は?」に、現状と異なった記述があることを報告し、当座の対応を示す声明を発表した。齟齬があるのは、羊水や臍帯血を用いて風疹ウイルスの存在を調べる検査の実施場所だ。胎児感染が強く疑われて検査が必要な場合、ガイドラインでは「二次施設を通じ、国立感染症研究所村山庁舎に検査を依頼する」と記載している。しかし、実際には現在、村山庁舎では検査を受け付けることができない。医会は当座の間の対応と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞