m3.com トップ > 臨床ニュース > 胃瘻カテ交換に落とし穴

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胃瘻カテ交換に落とし穴 在宅でもスカイブルー法や内視鏡での確認を推奨

日本医療安全調査機構は5月2日、在宅で胃瘻カテーテルを交換する際、事故症例を「警鐘事例」として紹介した。誤って瘻孔を破綻させ、気付かないままに腹腔内に栄養剤を注入し、腹膜炎で翌日に死亡したケース。胃瘻カテーテルの交換後は、初回の栄養剤を注入する前に必ず「胃内留置」を確認するよう訴えている。胃内留置を確認する方法として、胃内容物の吸引や送気音の聴取が広く行われている。しかし、今回の事例のようにカテーテルを腹腔内に誤挿入した場合でも、胃内容物と空気が吸引されることがあり、確実ではないと説明。より確実...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞