m3.com トップ > 臨床ニュース > HCV治療「IFNフリーへ」 【時流◆肝炎】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

HCV治療「IFNフリーへ」 【時流◆肝炎】 標的が明確化し、非特異的治療から特異的治療に移る

2013年6月5日 時流  カテゴリ: 消化器疾患感染症投薬に関わる問題

経口薬が登場。その背景には標的が明確になっていることがある。臨床試験によると、持続的ウイルス学的著効の確率は大幅に高まっている。今後、インターフェロンを使わない治療が主流になるとの見方が強まっている。HCV(C型肝炎ウイルス)感染の治療法は、インターフェロン(IFN)を使わない方法に移り変わっていく。そんな総説をClinicalGastroenterologyandHepatology誌6月号が掲載している。総説によると、従来のペグインターフェロンとリバビリンの併用療法は、「非特異的な治療」とい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞