m3.com トップ > 臨床ニュース > AED位置、ウェブで確認可能に 【米国不整脈学会】

臨床ニュース 米国学会短信

↓関連ニュースリストへ

AED位置、ウェブで確認可能に 【米国不整脈学会】 ソーシャルメディア利用データベース構築へ

2013年6月6日 米国学会短信  カテゴリ: 循環器疾患救急その他

米国不整脈学会(HRS)は、5月10日、ソーシャルメディアを利用した自動体外式除細動器(AED)地理位置特定データベースを構築し、突然の心臓停止(SCA)への対処に役立てようとするiRescUプロジェクトの予備研究結果を紹介した。同学会の第34回年次総会HeartRhythm2013で発表。iRescUプロジェクトは、ソーシャルメディア、クラウドソーシング、ゲーミフィケーションの利用(ゲーム以外の用途にゲームの手法やデザインを応用)により、持続性のある経済的なAEDの地理位置特定データベースの構...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞